だれも知らない喫茶店のはなし

昭和レトロな喫茶店・店主による雑記帳

夏季休暇のお知らせ

うだるような暑さ。 甘いものを食べてブクブク太って困ります。 そんなこんなで。

にんじん畑

手作り市にて出店されている 「にんじん畑」をご紹介。

まちのえんがわ

地下鉄千日前線小路駅3番出口から南へ徒歩3分。 木村工務店の路面店「まちのえんがわ」をご紹介。

cafe・gallery タロイモの2周年記念イベント

近隣にあるカフェのギャラリースペースで 出張珈琲教室を開催致します。 ご都合が合う方はお誘い合わせの上、足をお運び下さい。 以下詳細

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 本年も「ルプラ珈琲」をどうぞよろしくお願いいたします。 新年は5日より通常営業いたします。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。

年末年始営業のお知らせ

早いものですっかり年末。 年齢を重ねると過ぎてく時間が早くて困ります。 そんなこんなで。

cafe・gallery タロイモのクリスマス展

近隣にあるカフェのギャラリースペースで クリスマス展が開催されます。 ご都合が合う方はお誘い合わせの上、足をお運び下さい。 以下詳細

「コーヒー」はなんで「珈琲」っていう漢字なの?

「可非」「可否」「黒炒豆」。 コーヒーの音に当てた漢字は数あれど、 「珈琲」という漢字を日本で初めて考案したのは

レストラン カクレンガ

地下鉄谷町線・夕陽丘駅から徒歩5分。 学園坂を下るとひょっこり現れる おしゃれな隠れ家レストラン「カクレンガ」。

コーヒーの花の色って!?

珈琲は古からのベストセラーで、 僕らの周りでも缶コーヒーやコンビニコーヒー、 果てはコーヒー牛乳やゼリーにフラペチーノと 多種多様な形態に手を変え、品を変え、 日々の生活に寄り添っている。 身近で知ってるつもりな存在、それが珈琲。 ところで、そ…

今日のBGM

週に6日は室内暮らし。 インドアのくせに風邪をひきがちな 僕、喫茶ルプラのマスターは 色々な人に出会います。 その様子を体調不良が続くので 10月以降の生産性がガタっと 落ちるポンコツ具合でお話します。

「基本のキ」な組み合わせ

気に入った珈琲に出会ったら、 豆を買って家でも飲みたくなるのが自然の道理。 実はそこが真の珈琲道の入口。 珈琲の美味しさをより高めるアテはあるのか? 試飲試食を繰り返し、ぬかるみの世界から探し出す 私的ベストマリアージュ!

コーヒーの香りを“3倍”楽しむ方法

コーヒーは3つの香りを持ち合わせてます。

こしあんと揚げ生地がコクを押し上げる

気に入った珈琲に出会ったら、 豆を買って家でも飲みたくなるのが自然の道理。 実はそこが真の珈琲道の入口。 珈琲の美味しさをより高めるアテはあるのか? 試飲試食を繰り返し、ぬかるみの世界から探し出す 私的ベストマリアージュ!

カフェ KOMEICHI

先週の月曜日、大阪・大正区に新しいお店が誕生いたしました。 お店の名前は「カフェ KOMEICHI 」といいます。

ギャルソンのエプロンはなぜ黒い?

勤勉で頑丈なカラダを持つ フランス・オーヴェルニュ出身の人々は、

コーヒーの木1本で何杯分のコーヒーがとれる?

真っ赤な実が沢山つくコーヒーの木。 その1本の木から、何杯分のコーヒーがとれると思いますか?

コクのアンサンブル

気に入った珈琲に出会ったら、 豆を買って家でも飲みたくなるのが自然の道理。 実はそこが真の珈琲道の入口。 珈琲の美味しさをより高めるアテはあるのか? 試飲試食を繰り返し、ぬかるみの世界から探し出す 私的ベストマリアージュ!

即席コンビニエンスマリアージュ

気に入った珈琲に出会ったら、 豆を買って家でも飲みたくなるのが自然の道理。 実はそこが真の珈琲道の入口。 珈琲の美味しさをより高めるアテはあるのか? 試飲試食を繰り返し、ぬかるみの世界から探し出す 私的ベストマリアージュ!

「ベトナムコーヒー」にはなぜコンデンスミルク?

ベトナムは、今や世界第二位のコーヒー生産国。 主に「ロブスタ種」のコーヒーの栽培地です。

カタカナで覚えるベトナム語~感謝と謝罪編~

Cảm ơn. ありがとう カムオン Xin cảm ơn. ありがとうございます ►「xin」を頭につけると、より丁寧に。

あんこ+ブラック=勝利の方程式

気に入った珈琲に出会ったら、 豆を買って家でも飲みたくなるのが自然の道理。 実はそこが真の珈琲道の入口。 珈琲の美味しさをより高めるアテはあるのか? 試飲試食を繰り返し、ぬかるみの世界から探し出す 私的ベストマリアージュ!

ベトナムでの移動手段

日本ではあまり使わないタクシー。 ベトナムでは道も分からず、料金も安いので多用。 権藤、権藤、雨、権藤。 僕が主に利用したのは緑の車体で お馴染みの 「マイリンタクシー」。 一番、親切で道も詳しかった。 けれども!

“香りの王様”が入ったおもてなしコーヒー

香りの王様といわれるスパイス「カルダモン」。

朽木の森の発酵カフェ ロータスリーフ

滋賀・高島市にこの春に新たにオープンした 「ロータスリーフ」というお店をご紹介します。 こちらのオーナー様は去年にルプラ珈琲の珈琲教室に来ていただき、 いまはルプラ珈琲の豆を使って頂いてます。

スパイスマジックでアレンジコーヒー

気に入った珈琲に出会ったら、 豆を買って家でも飲みたくなるのが自然の道理。 実はそこが真の珈琲道の入口。 珈琲の美味しさをより高めるアテはあるのか? 試飲試食を繰り返し、ぬかるみの世界から探し出す 私的ベストマリアージュ!

ベトナムの注目カフェ!

そこまで迫るベトナム旅行。 気になるお店があちらこちら。 メモ代わりに行きたいお店をまとめてみる。

“コーヒーハウス”に入るための条件とは!?

イギリス初の「コーヒーハウス」が誕生したのは1650年のこと。

出張コーヒー教室

週に6日は室内暮らし。 パソコンの不調を理由にブログを放置していた 僕、喫茶ルプラのマスターは 色々な人に出会います。 その様子をあまりにも ブログをほったらかしにしたせいで 操作の仕方を丸っこ忘れる みかんサイズの脳みそでお話します。

お風呂つき!?の豪華な喫茶店

日本の喫茶店の礎となったのは、