読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれも知らない喫茶店のはなし

昭和レトロな喫茶店・店主による雑記帳

「ベトナムコーヒー」にはなぜコンデンスミルク?

ベトナムは、今や世界第二位のコーヒー生産国。

主に「ロブスタ種」のコーヒーの栽培地です。

かつてフランス領インドシナ連邦下にあったベトナムは、

フランス文化の影響を強く受けており、

フランスの抽出器具を応用した金属製フィルターで

細かく挽いたコーヒーを濾して飲みました。

フランスには、ミルクを用いたカフェ・オ・レという

メニューがありますが、冷蔵庫が普及していなかった

当時のベトナムでは、ミルクに代わって常温で

保存可能なコンデンスミルクでカフェ・オ・レを楽しみました。

こうして苦味のきいたベトナム産コーヒーが、

甘く優しい香りのコンデンスミルクと溶け合い、

ベトナム流のメニューとなったのです。